2009年07月17日

ニートと派遣社員

現代はさまざまな雇用形態があり、働き方を自由に選べる時代です。しかし現在の日本の社会では正社員として就職することが最も安心だと考えられています。それは給与が安定し、ボーナスもあり、福利厚生が整っているなどのメリットがあるからです。また最近は景気が悪化して正社員より先に派遣社員が解雇されている状況もよく報道されています。
正社員は拘束時間が長く、仕事上の責任が重いなど大変な面も多くありますが、将来的な安心を求めるなら正社員になることが最善だと言えるでしょう。
しかしニートを脱出するために就職しようと思っても、現実は厳しく、ニートを正社員として採用する企業は少数です。
そこで、まず正社員への一歩として派遣社員になり、社会に関わることから始めるのもよい方法です。派遣は不安定な雇用形態ですが、ニートのままでいるよりは大きく進歩しています。
派遣社員の良いところは勤務態度や能力によって正社員への道が開かれていることです。派遣会社によっては研修制度やスキルアップを図る講座を受けられるところもあります。最近ではニート向けにビジネスマナーの研修をしてくれる派遣会社もあります。
また本人に代わって自分の能力に合った仕事を探し、紹介してもらえることも魅力です。
大切なことは派遣社員として守ることは固く守り、真面目に働くこと、そして契約期間が満了するまでは辞めないことです。派遣社員として自分に自信をつけたら、今度は正社員に挑戦しましょう。

今の楽しみはワールドカップだけですね(^_^;)
posted by ニート生活 at 20:31 | TrackBack(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123711961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。