2009年06月17日

ニート問題

近年、日本ではニート問題が頻繁に取り上げられるようになりました。政府でも深刻な社会問題としてさまざまな政策を打ち出しています。しかし、若者の間では未だ、「ニートがなぜいけないのか」という疑問を持っている人も多いようです。
昔は学校を卒業したら働くのが当たり前でした。「働かざるもの食うべからず」という言葉を知らない若者はいなかったでしょう。
例えば医療や交通、学校、年金などは働く人の税金によって成り立っているように、誰もが生きている限り社会から恩を受けています。学校でしっかり学んだ後は社会活動に参加し、恩を返すことが人としての義務と考えられていたのです。しかし今ではすっかり社会の風潮が変わり、社会に出る意味を知らず、働く意欲のない若者が多く存在します。このまま労働人口が減少すれば産業競争力は低下し、日本の将来の発展は期待できないでしょう。
また、ニート個人の問題もあります。ニートの正規社員としての門は狭く、中高年のニートが増加しています。経験や職業能力のないニートはそのまま年齢を重ね、将来的に所得格差を増大させることが考えられます。
また各家庭においてもニートの存在は問題です。ニートは収入がないため経済的に両親に依存することになります。裕福で子どもが働かなくても生活に困らない家庭ならともかく、一般的な家庭において、いつまでも自立できない子どもは親にとって心配でしょう。
このように、ニートは家庭や日本社会の維持、発展における大きな問題と考えなければいけないのです。
posted by ニート生活 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。