2009年05月17日

ニートになる理由

一口にニートと言っても、ニートになる若者にはそれぞれに理由があります。その中でも多い理由をいくつか取り上げてみます。
まず、貧困や両親がいないなどで家庭環境に恵まれず、一般的な常識や教育を十分受けられなかったという理由があります。非行少年、少女と言われている若者がこの理由に該当します。これはイギリスのニートに見られる理由で、本人の資質によっては犯罪や薬物中毒につながる恐れがあります。
引きこもりや不登校の子供の増加が社会問題となっていますが、そういった子供がニートになるケースも多くあります。この場合は対人恐怖症やうつ病などの精神疾患と関係していることもあるため、慎重な対応が必要です。
また裕福であることが理由になることもあります。特に日本のニートの特長として、裕福な家庭で育った若者が多いということがあげられます。一度就職しても容易に退職してしまい、自分で働かなくても生活に困らないことから、夢を追いかけ、ブラブラして過ごしてしまうのです。この場合は家庭に責任があることが多いと言われています。
また、バブル崩壊以降景気が不安定で、企業の新卒採用が減っています。これもニートになる理由の一つと考えられ、ニートは社会の犠牲とも考えられています。このようなニートに対しては、政府の支援によって社会復帰の機会を与えるべきだという声もあります。
このようにニートになる理由には本人の個人的なものから、家庭や社会に責任があるものまでさまざまなのです。
posted by ニート生活 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123711937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。